やさしい政治を

「やさしい政治」

○すべての国民の皆さんは、憲法により個人として尊重されています。性別や収入、病気、障害の別なく、安心して暮らせる政治の実現を目指します。

○子どもの6人に1人が貧困の中にあるといわれています。大学進学をも含めた教育の機会均等を推進し、所得で学力差が出ないよう少人数学級の拡充を図ります。

○若い皆さんが、結婚しづらく子どもも産めない世の中になっています。最低賃金の引き上げ、雇用の安定、労働法制の抜本的改正をはかることで格差の是正に取り組みます。また、待機児童を解消し、子育て環境を整えるとともに、保育士の待遇改善を図ります。

○高齢者の皆さんも格差の広がりの中であえいでおられます。最低保障年金の創設など老後の生活を支える年金制度を確立します。

○医療・介護体制を拡充し、職員の待遇改善を図ります。